お風呂あがりの乾燥対策

お風呂あがりに乾燥を感じてしまう人はいませんか?特に冬場は外気も乾燥しているので、お風呂上りにすぐに水分を奪われてしまい、肌がかさかさになってしまうということも多いでしょう。ここではお風呂上りの乾燥対策について考えてみましょう。

【お風呂あがりの乾燥は何が原因なの!?】
お風呂上りの乾燥は仕方ないと諦めてはいませんか?しかしその乾燥は自分自身が招いてしまっていることもあるのです。たとえば体を洗う時には、タオルやボディーブラシを使用すると必要以上に肌を擦って洗ってしまうことがあります。すると摩擦で水分を保持している肌の角質層にキズをつけてしまい、水分が蒸発しやすくなってしまうのです。そのまま放置してしまうと、あっという間に粉吹き芋のようなカサカサの状態になってしまうでしょう。

【湯船にしっかりと使って乾燥肌対策をしよう】
シャワーでお風呂を済ませてしまうと、肌の乾燥は悪化します。そこでしっかりと湯船につかって肌に潤いを与えてあげましょう。湯船につかってしっかりと体を温めることで血行が促進されます。血行不良の状態になる肌は乾燥しやすいので、血行をよくしてあがることで乾燥を防げます。また湯船に保湿効果を高める入浴剤を入れることで、しっとり潤いのある肌になれるでしょう。

【どんな入浴剤がおすすめなの!?】
入浴する時には保湿成分が配合されている入浴剤を入れることで美肌へと近づけます。例えば保湿系入浴剤にはセラミド、ホホバオイル、米胚芽油、スクワラン、コレステリルエステルなどが配合されているものが多いです。これらの保湿成分は角質層を軟化させて、保湿成分を角質層の奥までしっかりと浸透させることができます。また湯船にアロマオイルを入れるとアロマバスになります。香りを楽しみながら湯船につかるとリラックス効果も得られるのでおすすめですよ。乾燥肌を予防するためにはまずはお風呂にしっかりと浸かることを忘れないでくださいね。