ネイルアートの特徴を解説

ネイルにはマニキュアを塗って行うマニキュアのアートと、ジェルを塗って行うジェルのアートがあります。
昔はマニキュアが主流でしたが、現在はジェルネイルも一般的になってきています。
マニキュアとジェルにはそれぞれ異なる特徴がありますが、ネイルを定期的にする人ほど、長持ちさせることができるジェルネイルをする傾向が強まっています。

 

それぞれ、メリットとデメリットは異なる点があります。
マニキュアは時間をけけて自然乾燥させて使用します。乾燥させる時間は完全乾燥まで2時間程度です。
また使用後はネイル用のシンナーを使用して落とします。
マニキュアネイルは手軽に色などを変えることができ、すぐに落とすこともできる点がメリットです。
一方でデメリットは乾かすことに時間を要し、その間は何もできません。
また修正したり、キレイに塗ることが難しい点も挙げられます。

 

ジェルは専用のジェルと固めるための紫外ライトで固めて使用します。固める時間は完全に固めるまで1〜3分程度です。
また使用後はネイル用のアセトンという薬剤を使用して落とします。
ジェルネイルはキレイに仕上がり、約3週間から1ヵ月近くキレイな状態が保てます。
一方でデメリットはキレイに塗ることができないと、途中でとれてしまったりすることもあり、サロンで施術するのが一般的なので金額の負担部分が大きいです。

 

それぞれにネイルアートができますが、ネイル自体の特徴によってアートにも特徴がでます。
マニキュアでは細かなアートを入れることは技術を要します。液体度が大きいため、にじんでしまったりすることがあります。

また凹凸をつけるにはストーンなどの装飾をする必要があります。
ジェルでは細かなアートを入れることはマニキュアより技術を要しません。
アートを入れる際、簡単に修正が何度でもできますし、にじむことがありません。
また凹凸をつけるにはラインストーン以外にもアートそのもので変化をつけることができます。