ネイルアートの特徴を解説

ネイルにはマニキュアを塗って行うマニキュアのアートと、ジェルを塗って行うジェルのアートがあります。
昔はマニキュアが主流でしたが、現在はジェルネイルも一般的になってきています。
マニキュアとジェルにはそれぞれ異なる特徴がありますが、ネイルを定期的にする人ほど、長持ちさせることができるジェルネイルをする傾向が強まっています。

 

それぞれ、メリットとデメリットは異なる点があります。
マニキュアは時間をけけて自然乾燥させて使用します。乾燥させる時間は完全乾燥まで2時間程度です。
また使用後はネイル用のシンナーを使用して落とします。
マニキュアネイルは手軽に色などを変えることができ、すぐに落とすこともできる点がメリットです。
一方でデメリットは乾かすことに時間を要し、その間は何もできません。
また修正したり、キレイに塗ることが難しい点も挙げられます。

 

ジェルは専用のジェルと固めるための紫外ライトで固めて使用します。固める時間は完全に固めるまで1〜3分程度です。
また使用後はネイル用のアセトンという薬剤を使用して落とします。
ジェルネイルはキレイに仕上がり、約3週間から1ヵ月近くキレイな状態が保てます。
一方でデメリットはキレイに塗ることができないと、途中でとれてしまったりすることもあり、サロンで施術するのが一般的なので金額の負担部分が大きいです。

 

それぞれにネイルアートができますが、ネイル自体の特徴によってアートにも特徴がでます。
マニキュアでは細かなアートを入れることは技術を要します。液体度が大きいため、にじんでしまったりすることがあります。

また凹凸をつけるにはストーンなどの装飾をする必要があります。
ジェルでは細かなアートを入れることはマニキュアより技術を要しません。
アートを入れる際、簡単に修正が何度でもできますし、にじむことがありません。
また凹凸をつけるにはラインストーン以外にもアートそのもので変化をつけることができます。

カラーリングだけでも、美しいネイルアートは楽しめる

今回はネイルアートの中でも最も身近なカラーリングについてお話しします。

特徴は何といっても手軽なこと。
自分で施術できますし、価格もお手頃です。

自分で施術と言えばジェルも有名ですが、道具の種類が多く揃えるまでが困難です。
雑貨ショップなどでも販売されていますが、価格は1色1000円程。
アートを楽しみたいなら色んな色が欲しいところですが、やはり高額になりがちです。

カラーリングは自爪を痛めることなくアートを楽しめますし、サロンに行かなくてもオフできるので時を選びません。
今では薬局や100円均一でも購入でき、オフも簡単で時間もかかりません。
単色ベタ塗りなら1時間もかからずにできるのではないでしょうか。 (さらに…)

お風呂あがりの乾燥対策

お風呂あがりに乾燥を感じてしまう人はいませんか?特に冬場は外気も乾燥しているので、お風呂上りにすぐに水分を奪われてしまい、肌がかさかさになってしまうということも多いでしょう。ここではお風呂上りの乾燥対策について考えてみましょう。

【お風呂あがりの乾燥は何が原因なの!?】
お風呂上りの乾燥は仕方ないと諦めてはいませんか?しかしその乾燥は自分自身が招いてしまっていることもあるのです。たとえば体を洗う時には、タオルやボディーブラシを使用すると必要以上に肌を擦って洗ってしまうことがあります。すると摩擦で水分を保持している肌の角質層にキズをつけてしまい、水分が蒸発しやすくなってしまうのです。そのまま放置してしまうと、あっという間に粉吹き芋のようなカサカサの状態になってしまうでしょう。

【湯船にしっかりと使って乾燥肌対策をしよう】
シャワーでお風呂を済ませてしまうと、肌の乾燥は悪化します。そこでしっかりと湯船につかって肌に潤いを与えてあげましょう。湯船につかってしっかりと体を温めることで血行が促進されます。血行不良の状態になる肌は乾燥しやすいので、血行をよくしてあがることで乾燥を防げます。また湯船に保湿効果を高める入浴剤を入れることで、しっとり潤いのある肌になれるでしょう。

【どんな入浴剤がおすすめなの!?】
入浴する時には保湿成分が配合されている入浴剤を入れることで美肌へと近づけます。例えば保湿系入浴剤にはセラミド、ホホバオイル、米胚芽油、スクワラン、コレステリルエステルなどが配合されているものが多いです。これらの保湿成分は角質層を軟化させて、保湿成分を角質層の奥までしっかりと浸透させることができます。また湯船にアロマオイルを入れるとアロマバスになります。香りを楽しみながら湯船につかるとリラックス効果も得られるのでおすすめですよ。乾燥肌を予防するためにはまずはお風呂にしっかりと浸かることを忘れないでくださいね。

マスキングテープを使用したセルフネイル

爪が小さい人は、ネイルを上手くぬれない、爪の面積が小さくてデザインが映えないといった悩みがあるでしょう。小さい爪の人は、一色塗りだともったいなく感じるかもしれません。そこで小さい爪でもパッと映えるネイルデザインはどんなものがあるでしょうか?ネイルサロンで行えば、小さい爪でもかわいくデザインしてくれるのですが、セルフネイルとなるとどうしてもデザインが単調になってしまいがちです。爪が長くすっと綺麗に見える簡単セルフネイルとしておすすめしたいのがマスキングテープを使ってネイルをする方法です。マスキングテープを貼ってネイルカラーを塗ると、マスキングテープを貼った部分だけ塗らずにクリアなままなので、爪が細く長く見えます。ネイルが乾く前に、ストーンなどを乗せれば一気に華やかな印象になりますよ。最後にトップコートを塗れば簡単に完成です。マスキングテープを使ってネイルをするだけで凝ったデザインに見えるのでとってもおすすめですよ。

パワーヘルスは使い続ければよいわけではない

家庭用電位治療器として多くの人から愛されているパワーヘルスは、1回に何時間も使用するよりも1日1~3回程度に分けて定期的に使用した方が体への負担も軽減され、より効果が高くなると言われています。電位治療器は、生体内のイオンバランスを整えることができます。そのため体内の血行がよくなるので、肩こりや腰痛などが改善されると言われています。また便秘も腸内のぜん動運動が悪くなったり、新陳代謝が低下したりすることが原因になりますので、体に電流を流してあげることでより、血行アップ、新陳代謝の工場につながるでしょう。中途半端な健康器具を買うのであれば、高い値段はしますがパワーヘルスを購入した方がお得感は高いでしょう。ただしパワーヘルスが体によいからといって、ずっと使い続けていては逆に体に負担がかかります。そればかりをしたから健康になるわけではありませんので、パワーヘルスと平行して規則正しい生活を送ったり、バランスのとれた食事を心がけたりする必要があるでしょう。

短時間でも使用でも効果抜群パワーヘルス

家庭用電位治療器であるパワーヘルスは短時間の通電で効果を得たいという人にぴったりの健康器具になります。シンプルな設計なので、操作方法もとっても簡単で高齢者の人でも安心して使用することができるでしょう。またパワーヘルスは軽量で、小型な機器になるので、電動マッサージチェアのように自宅におくと邪魔になるということもありません。家庭でリビングを占領することもありませんし、寝室への持ち運びもできますので、椅子に座った状態でも、寝た状態でもどちらも簡単に使用することができますよ。またパワーヘルスはタイマー付きですので、10分だけ使いたい、昼寝の間60分使いたいなどその人個人によってライフスタイルに合わせた使用方法が可能になっています。1日の使用頻度に特に決まりはありませんが、1~3回程度が目安と言われています。個人差や体調の加減もありますので、無理をしない程度に使用するのがよいでしょう。即効性にも優れているパワーヘルスは効果を実感しやすいでしょう。

新しい機種が続々登場しているパワーヘルス

パワーヘルスは日本で初めての電位治療器として有名なヘルストロンが発売された直後に開発、販売された家庭用健康器具になります。家庭用として販売されていますが、家庭以外でも整骨院や福祉施設、病院などの医療機関でも電位治療器としてパワーヘルスが導入されています。年々その種類は増えており、最近の変化種としては温熱治療器やマッサージ機能が付いている電位治療器も販売されており、さらに今後需要は伸びると言われています。現在のパワーヘルスの種類は数十種類とも言われているので、価格的な面と使用用途をよく考えながらどの機種が一番よいのかを検討していくとよいでしょう。電位治療器は服薬と異なり、1日経過すればすぐによくなるというものではありません。じっくりと継続して使用することで徐々に体調が優れていき、頭痛や肩こり、不眠症、便秘など普段お困りの不快な症状を改善してくれるでしょう。これらの4つの症状に対しては一定の効果が厚生労働省より認められています。